数学ではなく「算数」の文章問題(特殊算など)のことを書くページ

「算数」による特殊算の解き方の解説などを記しています

【算数】速度の問題だが鶴亀算で簡単に解ける文章問題

問題

4km離れた駐車場まで行くのに、始めは毎分60mの速さで歩いていたが、遅くなりそうなので、途中から毎分85mの速さで歩いて50分で駐車場へ着いた。速さを変えた地点は出発点から何mのところか。

算数。教えてください。 - 4km離れた駐車場まで行くのに、始めは... - Yahoo!知恵袋より引用

解答(解説):

私が考えた解答です。

・仮に50分間全てを分速85mで歩いたと仮定する。
・すると歩く距離は85×50=4250m
・実際に歩いたのは4km=4000mなので、上記仮定では250m多い。
・上記の仮定から1分ずつ分速85m→分速60mに入れ替えると、歩く距離を25m減らすことが出来る。
・従って250m÷25m=10分を、分速85m→分速60mに入れ替えれば良い。
・以上により最初に分速60mで歩いていた時間は10分間と分かる。
・そこで歩いた距離は分速60m×10分=600m (これが答え)

検算

・分速60m×10分=600m
・分速85m×40分=3400m
・合計50分、4000m O.K.

おわりに

と言う訳で、鶴亀算で解いてみました。